上段蹴りが面白い様に決まる6つのコツ~4~

んにちは

 

 

 

こむです

 

 

 

今回は上段蹴りのコツの最後になります

これまでは

・正確さを意識する

・蹴り足の膝を高く

・腰を入れる

・スピードをつける

の4つについて話しました

 

 

 

最後となる今回は

蹴り足のコントロール

着地のバランス

です

 

 

 

今回だけに限らず

今まで話してきたコツを

しっかりと掴むことで

「上段蹴り」が

 

あなたの得意技になること

間違えなしです

 

f:id:komukei0146:20190418010146j:plain

 

 

 

そしてチームの頼れる存在

すなわちエースになることができます

 

 

 

しかし、コツを読んだだけで満足して

練習もせずに知識だけある人は

練習では威張ってチームメイトに

アドバイスするくせに

 

当の本人は全然出来ない

むしろ試合では大差で負ける

そしてチームメイトから

陰で笑われる存在に

 

f:id:komukei0146:20180929122013j:plain

 

 

 

エースになりたい

陰で笑われたくない

そうなりたいのであれば

練習あるのみです

 

 

 

コツコツ積み上げれば

成果は絶対に付いてきます

 

f:id:komukei0146:20190421202654j:plain

 

 

 

それでは

・蹴り足のコントロール

・着地のバランス

について書いていきます

 

 

 

まずは

蹴り足のコントロール

について

 

 

 

蹴り足のコントロール

相手に当てる直前に蹴り足を引き戻す

「寸止め」の練習を意識することで

コントロール出来るようになります

 

 

 

なので人でもいいですが

ミットなどを使って

寸止めの練習をするのが

効果的になります

 

f:id:komukei0146:20190421202749j:plain

 

 

 

次に

着地のバランス

について

 

 

 

試合で蹴りを外したら

相手にとっては

絶好の攻撃のチャンスに

なります

 

 

 

突きに比べ遠い間合いから

狙える蹴りでも

着地のバランスを崩したら

それは不利な状況を作ってしまいます

 

 

 

そうならないためには

着地してすぐに相手の攻撃に

対処できるように体勢を

整えるようにしましょう

 

 

 

これは神経伝達速度を上げる

記事でも書いたとおり

全力で何回も同じ動作を

繰り返し練習するのが良いです

 

 

 

この練習法は

 

ステップ1

2人組のペアを組む

 

 

 

ステップ2

攻撃する人は上段蹴りを狙う

受ける側は交わす

この時交わされた時の練習だからと言って

手を抜かないで本気で上段を狙う

 

 

 

ステップ3

攻撃する人は交わされたら

体勢をしっかりと立て直す

交わした人はそこからカウンターを狙う

 

 

 

以上が練習法になります

さっきも言いましたが

交わされた後の対処法だからといって

手を抜かないことです

 

 

 

本気で上段蹴りを狙いに

いって下さい

 

 

 

これまで6つのコツを教えてきましたが

地味な練習ほど実践で役に立ちます

なのでこの4回に分けてきた記事を

全部読んで6つのコツを掴んでください

 

f:id:komukei0146:20190421202941j:plain

 

 

 

今回は以上になります

 

 

 

ps

ツイッターでも

このようなことや記事出したときに

ツイートするので是非

 

f:id:komukei0146:20181210154407p:plain

 

 

 

またこの記事がためになったら

コメントやシェアの方も

よろしくお願いします

 

 

 

ただいま10名様限定に

無料プレゼントを配布しています!

受け取りはこちらから!👇

https://komukei0146.hatenablog.com/entry/2019/06/28/201154